院長が治療家になるまで

私がなぜ治療家を目指し、今治療家をしているのか。もしご興味あればお読みいただければと思います。

すり傷だらけの子供

佐世保市で3人兄弟の次男として生まれ、体を動かすのが好きな子供でした。

男兄弟の中で育ったので家の中でも外でも走り回って足にはすり傷だらけ。家の中で騒ぐので親から叱られ、よく家の外に出されていました。3人兄弟の中で一番叱られたんじゃないかと思います。

サッカーに明け暮れた学生時代

小学生の時、水泳・空手・絵・サッカーなど色んな習い事をしました。

水泳は、途中で泳ぐのがイヤになって水泳着を隠してみたり、空手は見たいアニメがあるから行かなくなり、絵も結局続かない。

続いたのは、兄の影響で始めたサッカーだけでした。

なにをやっても続かない自分が、気が付くと学生の10年間をサッカーに費やしました。

3年で辞めたサラリーマン

工業高校を卒業したのち、地質関係の仕事に就きました。

一緒に仕事をしたのは、親父より年上の人ばかり。

何を聞いても、見て覚えろっ!見るだけでわかるかっと思いつつ何も言えず・・・。

親父から「何の仕事でも3年続けなさい」と言う言葉を信じて3年半その仕事をしました。

結局この仕事が直接、人の役に立っているのかよくわからなかった。

今考えると役に立っていたと理解できるんですが・・・。

この時は、漠然と人と関わりのある仕事で人の役に立つ仕事がしたいと感じていました。

友人が勉強をしているのをみて、自分のやりたい仕事って何なのかを考えました。

もともとサッカーばっかりやってきたので事務の仕事よりも体をつかった仕事がしたい。

頭を使う仕事よりも体を使った仕事がしたい。

スポーツに携わる仕事につけたらいいかなぁと思い、職場を退職しました。

勉強をする為、福岡へ

仕事を退職したのち福岡でスポーツに関わる仕事に就こうと2年生の学校へ入学。

2年間勉強をしたのち、トレーナーで人のケアをできたらと思い北九州の整骨院へ就職。

そこで出会った院長(柔道整復師)との知識・技術の差を痛感しました。

このままじゃダメだ、負けたくない。

自分も知識・技術をつけて患者さんに喜んでもらいたいと思い、もう一度勉強することを決意しました。

国家資格である柔道整復師の学校へ入学。

朝から夕方まで仕事をして、その後学校で勉強という生活を週6日の3年間続けました。

人生で一番勉強した3年間でした。

整体院開業

3年の学校生活を経て、はれて国家資格である柔道整復師となり地元に帰郷。

地元佐世保で働き始め、接骨院でも勉強は続き施術の技術を磨く日々!!

頑張ったかいもあり、2年後新店舗の分院長、
その2年後エリアマネージャーとして勤務。

接骨院で働くのはすごく好きでやりがいも感じていました。

ただ保険制度が厳しくなり、患者さんに自分の満足いく施術の提供が厳しくなりました。

このままだと患者さんにも悪いし自分も楽しくない。

人の役に立てる仕事がしたい。
子供に誇れる仕事がしたい。
胸を張って人の役に立てている実感が欲しい。

その想いが日ごとに強くなり整体院開業という形になりました。

私がなりたいセラピストとは

色んな経験があって今があると思っています。

地質関係の仕事もトレーナーの学校も考えると遠回りしたようにみえますがその経験があるからこその今だと感じています。

これからもいい事も悪いことも色んな経験をしていくでしょう。

その経験や勉強してきたことを少しでも施術を通して還元できたらと考えています。

健康の大切さがわかる今だからこそ出来る施術・説明があります。

自分ができることであなたの健康をサポートできればうれしく思います。

健康をサポートすることで人に感謝されるセラピストになりたいと考えています

当院へのアクセス情報

住所〒859-3214 長崎県佐世保市権常寺1丁目11-3
予約予約制とさせていただいております
営業時間9:00〜13:00/14:00〜19:00
定休日水曜午後・日曜日・祝日
電話0956-59-7775